MENU

除毛クリーム除毛フォーム脱色お手軽ケア

お金のない10代のころ、少ないお小遣いやバイトのお給料で手に入れた除毛関連商品。
もちろんすべて経験済みでございます。手軽に買える安いものから、通販で期待を胸に
ドキドキしながら注文した高額なものまで…。

 

まぁ、ことごとく残念な結果に終わるわけですが。
除毛というものは、やはり脱毛ではないわけで、カミソリで剃ることとほぼ同じなんです。
肌への負担は多少減り、剃った毛の断面が鋭くない分、チクチクしない云々…っと
口コミなどにもありますが。

 

ここからは私個人の感想。私レベルの剛毛にとっては全くもって当てはまらない。
毛は本当に溶けます。毛穴の中までは届いたり届かなかったり。
その場所によって、どこで毛がちぎれる(って言葉が妥当かな)かは不明。
ですが、私の毛ですから!すぐに生えてくるわけです。
それに残念ながらチクチクしまくりなのです。私の毛ですから!
また、こんなことも書かれてあります。

 

「使い続けていくうちにだんだんと毛が細くなっていきます。」
これ…。こんなこと言わないでくださいよぉ〜!
何回も買っちゃいましたよぉ。もちろん、私の毛ですから!
細くなることは無く、年を重ねるごとに濃く太くなるばかりでした。

 

何十年も経って思うことは、やはり個人個人によって効果は全く違う。ということです。
この除毛ケアで十分に満足できる人たちも確実にいて、私のような(私レベルは稀)
剛毛には効果がない。

 

ということが沢山沢山試してみて、やっと分かるわけです。切ないなぁ・・・。
ひとつだけ!
好きなむだ毛ケア商品があります。

 

それは、むだ毛脱色。これは今も買っても良いかなぁっと思ったりします。
だたし、使う場所は限定されます。毛が細いところ。私の場合、腕と太もも
それから下の毛←ここは剛毛だけど。脱色を繰り返し使用してる長期間は
毛を剃らなくてよいわけですから、つまりチクチクしません。

 

この点だけは大変満足のいくものでした。
そして毛を剃らないということは、伸びるサイクルを遅らせることになるので
朝夕剃ってた私にとっては負担が減ってとっても助かっていたのです。
下の毛、お股の毛だけは使用方法が違います。

 

真っ黒で剛毛、針金のような下の毛を少しの時間だけ脱色すると、金ではなく
茶色になります。この茶色が剛毛を多少、多少柔らかそうな毛質に見せてくれる。
当時の私にとっては最重要ポイントでした。

 

現在は永久脱毛済みの体なので利用しなくなりましたが、
たまにはまた、下の毛のカラーリングを楽しみたいなぁなんて思ったりします。